• Kazuma Y.

パラジウムは利益を生んだのか

以前、パラジウムに投資するという記事を書きました。


新型コロナウイルス後のマーケットは?(2020年3月20日)


予想以上に早く、パラジウムの賞味期限が来てしまったため、実質4日間の投資ですべて利確しました。


■投資元金:500,000円

■合計リターン:1,416,273円(出金済み)

■リターン率:283%

■取引期間:実質4日

■月利換算: 2,124%

■年利換算:25,492%



こういう時期は人生でほとんど経験することがないので、メモ的に残しておきます。パラジウムの価格は下落後、2週間くらいかけて今の価格くらいまで戻すと予想していました。それが、投資を開始してたった4日で「ここまで来たら投資しない」という価格に達してしまった状況です。


早すぎます(笑)。


とは言え、二番底を迎える可能性は少ないですがあると思います。2,000ドルまで下げることがあれば、また買いで入りますが、そうならない場合は投資しないと思います。


【参考記事】パラジウム相場が急回復 コロナの逆風が一転して追い風に

(日経QUICKニュース)


上記の記事を見ると、まだ上げる可能性が指摘されていますが、ちょっと投機的な上げ方をしてしまったので…。「絶対に勝つ」戦をする王翦(キングダム参照)のような投資をしたいと思っていますので、負ける可能性が大きい時は投資しません。



この、「投資しない」という行動の選択が、投資では重要です。


つい、「投資してしまう」という行動で負けている人がほとんど。


冷静に戦局を見て、「ここだ」という時を厳選しなければ、負ける可能性が大きいと思います。特にこのような相場の時には。FXでデイトレをしている方々は、損失がかなり膨らんだと思います。


ちなみに、私には私の投資戦略に適した「投資額」があるので、その枠以上の資金を投資することはありません。「もっと賭けていればもっと稼げた」というのは結果論であって、自分の器以上の資金を動かした時に冷静でいられなくなることは、結果的に「負け戦」になる可能性が高まります。


ネタバレにならないように書くと…キングダムの某将軍も、自分の器以上の兵を動かして負け戦を経験します。歴史に学べることは本当に多いですね。



#パラジウム

#新型コロナウイルスショック


9回の閲覧

©2019 by Kazuma Y.