• Kazuma Y.

中国・ビジネスを容易にする新ルール

最終更新: 2019年12月31日



いよいよ、下記の新ルールが1月1日から施行されます。

中国国家発展改革委員会は23日、ビジネスを行いやすくするための新ルールを来年1月1日付で施行すると発表した。


平等な市場アクセスを保証し、市場の公正な競争を保護する。法律に基づく現在の保護をさらに強化する方針。


中国に進出する海外企業からは、市場アクセスを巡る不公正な扱いや官僚主義、法の執行体制の不備に対する不満の声が以前から上がっている。また、国有企業に比べて資金調達が難しい民間企業は、景気減速で相対的に大きな打撃を受けている。


同委員会は、国内外の企業は平等に扱われるべきだと指摘。また、あらゆる形の市場組織が、所有形態にかかわらず、平等に扱われるべきだとしている。


知的財産の侵害については、懲罰的な損害賠償制度を導入する。


入札や政府調達は、透明かつ公正で、すべての関係者に開かれたものであるべきだとしている。


(引用元: https://jp.reuters.com/article/china-economy-policy-idJPKBN1X219L )

1月1日に詳細が発表されると思います。


中国という巨大なマーケットが、グローバルなマーケットと比較しても恥ずかしくない水準に近づくのかどうか。また、中国企業がグローバルで真に活躍する時代を見据え、まずは中国国内をよりクリーンなマーケットに軌道修正していけるかが問われますね。


私自身も楽しみにしています。


時代が変わる時、すべての感覚を研ぎ澄ませていると、大きな歪みが生まれているのに気づきます。それは一見悪いように見えて、将来「良くなる」というチャンスでもあります。


良くなるという変化がなかなか実現しないこともあります。歴史的に見て、長い年月が必要な時もあります。その変化を、生きている間に体験できるのは貴重なこと。そのためには、前述の通りすべての感覚を研ぎ澄ませておくことが重要となります。


私がアルコールを断った1つの理由はそこにあります。長くなるので割愛しますが、千載一遇の機会は万全の準備の上に獲得できると信じています。では、自分にとっての万全の準備とは一体何なのでしょうか。


それはいつも考えています。


中国の変化の機会が、自分の人生における機会と重なるのを楽しみにしています。



※あとがき※


ちなみに、下記の暗号法も1月1日に実施が決まっています。中国元のデジタル通貨が国境を越えるかどうかに注目しています。面白いことに?CNY/JPYのレートは、1年前とほぼ同じです。

中国当局が10月26日、成立させた「暗号法」は2020年1月1日に実施される。これにより、当局が設置した国家暗号管理局が今後、国内ネットワークの暗号を一元管理することになる。同法は、「国家安全保障」に関わる暗号は、中国当局が厳しく審査すると規定している。当局がデジタル通貨を発行する布石だとみられる。

2回の閲覧

©2019 by Kazuma Y.