• Kazuma Y.

悩まないという能力


皆さんは悩んだりしますか?


堀江貴文「人生最大のムダは"悩み"である理由」

https://news.livedoor.com/article/detail/17598948/


堀江さんが言っていることは一理あります。


私は、悩んでいる人は「暇な人」とずっと思っています。悩んでいる暇があれば、考えながら動いたほうが良いというか、やるべきことが目の前に存在しているので、悩んでいる暇がないし生産性がゼロだからです。


そうは言っても、悩む人は世の中にたくさんいるようです。悩まない人から見れば、「なんで悩むの?」ということになりますが、仕方ありません。


つまり、「悩まない」ということは、能力の1つなのではないかと数年前から思い始めました。


一般的に能力とは、「○○できる」ことを意味し、それが学習や訓練、経験等によって獲得できるもの。またはもともと備わっているもの。でも、「○○しない」ということも、能力として認めてあげて良いと思っています。


実はこれ、企業の採用や職の適正などでまだまだ反映しきれていない人間の特質です。


例えば人を雇う時に、「協調性がある」「細かい作業が得意」「営業に向いている」「社交的である」などは評価されますが、「悩まない」という能力は評価されません。


私がお付き合いしている経営者のほとんどは、面白いほど悩みません。強がってるだけでしょ?と思われるかもしれませんが、そういうこと無しに、本当に悩みません。恐らく私と一緒で、そんな暇があったら次のアクションを起こして、その悩みを解決するか、または別のベクトルに進んでいるかのどちらかでしょう。


経営者または経営者タイプに多い能力かもしれません。


堀江さんのように、「最初からそうではなく、徐々に経験を積んで身についた」という形を取って、美談にするつもりもありません。私は最初から「悩まない」人間です。もしかしたら持って産まれたものかもしれません。

これも、歴史から学ぶと面白いです。例えば権力者が、どのような窮地において、どのような思考と行動をしてきたか。瞬時に決断が求められる場面で、どのように決断をしてきたか。


学ぶことがたくさんありますね。


#悩まない

#悩まない能力

3回の閲覧

©2019 by Kazuma Y.