• Kazuma Y.

李信の子孫が実は日本に来ていた!?


前回、前々回と、キングダムでおなじみ、秦の将軍・李信の子孫にスポットを当ててみました。個人的には一冊くらい本が書けるんじゃないか…と思うくらい、古代中国の歴史を妄想しまくっています。


本題に入る前に、まだ読んでない方はこちらを読んでください。


1.李信の子孫が中華統一!?①

2.李信の子孫が中華統一!?②



さて、今回は「李信の子孫が実は日本に来ていた」という事実を書こうと思います。


英彦山神宮@福岡県添田町)



西暦531年、英彦山(ひこさん)に中国の魏から来た善正という人が住み、修行をしていたそうです。その時のエピソードをご紹介します。


このころ、豊後国日田郡に藤原恒雄という者がいて、弓射がうまくよく猟をしていた。獣を追って山に入ったときに、岩窟に座している善正を見て不思議に思い、何でそういうことをしているのかと聞くが言葉が通じない。善正も恒雄に殺生の罪を話すが通じないので、恒雄は猟を続けていた。(ソース:「彦山開山伝説」より)

言葉が通じていないので、本当に中国人(魏から来た渡来人)だったのでしょう。で、この善正は、北魏最後の皇帝・孝武帝の子である可能性が高いのです。(孝武帝の第6皇子)


「山腰有寺旧名霊山。以善正法師為開山鼻祖。伝言正者魏国人也」(『鎮西英彦山縁起』より)

北魏は過去の記事に書いた通り、拓跋部が興した国で、534年まで続きます。(北魏について


恐らく…北魏の滅亡が近づき(正確には東魏と西魏に分裂する)、最後の第13代皇帝・孝武帝は自らの子を遠くに逃した。そのうちの1人、第6皇子の善正は日本にたどり着き、人里離れた九州福岡の英彦山に住み着いたと考えられます。もちろん、ひとりではなかったでしょう。


北魏を興した拓跋珪(道武帝)が李信の子孫でした。同じ血筋の孝武帝も、やはり李信の子孫ということになります。つまり、善正も李信の子孫ということになる可能性が高いと思われます。




ちなみに、西魏が後に北周となるのですが、北周の猛者たちも、李信の子孫です。大活躍した李三兄弟を紹介します。


李賢(りけん)502~569年 … 大将軍として大活躍

李遠(りえん)507~557年 … 西魏十二大将軍の1人として大活躍

李穆(りぼく)510~586年 … 後の隋の太師になる


Wikipediaを読んでいるだけで…ワクワクしてしまいます。どこか、李信の面影というか、「これ血繋がってるよね」的なところがあります。


話は少しそれてしまいましたが、李信はまさに名家・李家の祖ということになりますね。福岡の英彦山神宮は、一度訪れてみたいと思っています。何も知らずに訪れるよりも、こういう歴史のロマンスを知ってから訪れると、本当に心躍りますよね。もしかしたら、李という名前ではなくても、李信の血が日本にも残っている可能性が高いと思います。


自然と長く拝みたくなってきました。


では、長くなりましたのでこのへんで。



#李信

#キングダム

#北周

#英彦山神宮

15回の閲覧

©2019 by Kazuma Y.